ナギイカダエキス ルスコゲニン

ナギイカダエキスの有効成分ルスコゲニンの効能

美聴泉,びちょうせん

 

 

「ナギイカダ」は地中海沿岸原産のスズラン亜科の常緑小低木で観賞用に栽培されています。

 

ヨーロッパでは古くから根と若い茎に利尿作用があることが知られており、ハーブティーとして親しまれてきました。

 

1950年代に「ナギイカダ」からルスコゲニンは発見され、様々な効能があることが分かってきました。

 

有効成分のルスコゲニンは微量しか抽出する事ができないので貴重な成分です。

 

 

ナギイカダエキスの有効成分ルスコゲニンは、サポニン(朝鮮人参などの植物の根や茎によく含まれている配糖体)の一種です。
ルスコゲニンの効能をまとめてみました!

 

  • 強い抗酸化力により脂肪の酸化を防ぎ動脈硬化を防ぐ
  •  

  • 毛細血管を広げ、末梢血管の血液の停滞によるむくみや炎症の改善
  •  

  • 血液の凝固を防ぐ
  •  

  • 毛細血管の修復
  •  

  • 炎症関連酵素のはたらきを抑制することにより、関節炎やリウマチによる腫れや痛みを緩和します。

関連ページ

美聴泉の成分と効能
美聴泉(びちょうせん)の成分の効能について詳しくまとめました!