騒音と耳鳴り

騒音と耳鳴り

耳鳴りの中には、騒音による難聴「騒音性難聴」
が存在します。

 

一時的な騒音のダメージは、自然治癒により回復しますが、
・職業性の騒音
・住環境の騒音

 

などの長期に渡る騒音のダメージは蓄積し、
回復が不可能になってしまう場合もあるので
注意が必要です。

 

 

騒音による耳鳴りの予防

職業性の騒音による耳鳴りの予防

職業性の騒音による耳鳴りが起きる可能性のある職業には、
・音響関係
・建設関係
・パチンコ店

 

などでの勤務が考えられます。

 

予防対策などは会社で十分にしているかもしれませんが、アルバイトなどの場合には
対策がずさんである場合が多いです。

 

耳栓の使用など自己防衛対策を行いましょう!

 

 

住環境の騒音による耳鳴りの予防

環境省により、住環境の騒音は基準が55~70dBに定められています。

 

騒音性難聴になる可能性のある長期的騒音の音量レベルは、
85dBと言われていますので基本的には問題が無いレベルと言えます。

 

・航空機騒音
・鉄道騒音
・建設作業騒音

 

ただし、以上の場合の騒音は適用除外となるので注意が必要です。
長期的に騒音が続くようであれば、耳栓はもちろん
窓やドアにも防音対策を施しましょう!

 

 

 

⇒美聴泉